Darkglass Electronics Microtubes X7 ベースディストーション【ダークグラスエレクトロニクス】のページ。












 

トップ > Effectors > 歪み系 > Darkglass Electronics Microtubes X7 ベースディストーション【ダークグラスエレクトロニクス】

Darkglass Electronics Microtubes X7 ベースディストーション【ダークグラスエレクトロニクス】

ベースディストーションを開発する上で、音圧を維持しつつパンチのあるアグレッシブなサウンドを得ることは矛盾と戦うようなものでした。タイトさを求めるのであれば低域がサチュレーションしないように低音を抑える必要が有り、多くの場合軽い音色になりがちです。しかし低域を下手にブーストしてしまえば音の飽和を招いてしまいます。こういった問題の解決策としてレコーディングエンジニアは長い間マルチバンドディストーションというテクニックを使ってきました。

Microtubes X7もまた、こういった問題をコンパクトかつフレキシブルに解決します。まず入力された信号は、任意で設定が可能なローパスフィルターとハイパスフィルターで 2つのシグナルに分岐されます。ハイパスフィルターを通ったシグナル(中域から高域のみの音)は、その他のMicrotubesペダル達と同じように CMOS 回路によって歪みが加えられます。ローパスフィルターを通ったシグナル(低域のみの音)は、クリーンのままですが任意でコントロールできるコンプレッサーを通ります。リッチな倍音を持つ歪んだ高域側の音とコンプレッションされたクリーンな低域をミックスすることで、図太い低域を維持しつつアグレッシブなディストーションサウンドを生み出すことが出来ます。たとえ弦のコンディションが悪かったり、楽器自体の音色が軽かったりブーミーだったとしても Microtubes X7 によって強力な音色のコントロールが可能となります。

さらに Microtubes X7 には 4 バンドグラフィック・イコライザーを搭載し絶大な音色のコントロールを可能とします。

● コントロール
High-pass frequency:歪ませる高域の周波数の範囲(カットオフ周波数)を設定します。
100Hz(ファズの様なサチュレーションサウンド)から1kHz(シャープなサウンド)まで任意で設定が可能。
High Drive:ハイパスフィルターを通ったシグナルの歪みの量をコントロール
High Level:全体の音量をコントロール
Low-pass frequency:歪んだ高域のサウンドにミックスするクリーンの低域の周波数の範囲(カットオフ周波数)を設定します。
50Hz(サブベースのみ)から500Hzまで任意で設定が可能。
High Level:全体の音量をコントロール
High Drive:ハイパスフィルターを通ったシグナルの歪みの量をコントロール
Low Comp:ローパスフィルターを通ったシグナルに対するコンプレッションの量をコントロール
Low Level:ローパスフィルターを通ったシグナルの音量をコントロール
Master:全体のヴォリュームコントロール
Low shelf:+/-12dB @80Hz
500 Hz:+/-12dB
1 kHz:+/-12dB
High shelf:+/-12dB @5kHz
Input:フォンジャック入力
Input インピーダンス:1MΩ
Parallel Output:インプットに入力された信号を出力
Output:フォンジャック出力
Direct Output:XLR端子のバランスド出力
Outputインピーダンス:1kΩ
9VDC:アダプター、パワーサプライを接続するコネクター(センターマイナス、9Vのみ使用可)
消費電流:70mA
サイズ:94mm x 120mm x 46mm
重量:0.32Kg

 
価格 : 37,000円( 税込 40,700 円)
ポイント : 370
数量
 

5,000円以上は配送料無料。5,000円未満は送料無料を除き送料別途540円掛かります。 沖縄・離島部からのご注文は別途送料が加算される場合がございます。

かごに入れる すぐに購入
  • お気に入りリスト
  • 商品についての問い合わせ

この商品についてのレビュー

  ニックネーム : 評点 :
内容 :
レビューを書く
入力された顧客評価がありません

ページトップへ